計画停電?

東北関東大震災後、計画停電って名称で地域を区切って
数時間ごとに計画的に停電させて、被害にあった
原子力発電所や火力発電所の発電停止の為の電力不足
に対しての施策だと理解しています。
ただ計画停電が無計画停電で発表がころころ変わるのは問題だけどね。

この計画停電で、計画停電区域の発表で静岡県の
東側半分だけって不思議に思ったこと無いですか

計画停電が俺が住む静岡県を二分して東側の地域の
人達が負担強いられているのはご存知かと思うけど
静岡県の富士川を境界線で東側が50Hzの発電所
そして俺が住む浜松市のある西側が60Hzの発電所に
なっているのです。
東西で周波数が違うのは電気が普及した明治時代に
その由来があります。
当時、今でいう東京電力では発電所にドイツ式の50Hzの発電機を
作り中部電力は発電所にアメリカ式の60Hzの発電機を導入したのです。
当時はこの2極化は大した問題で無かったのですが
その2極化がその後、周波数を統一しないまま、国内に2つの周波数が
存在するようになってしまったのです。

俺が関東に出張に行ったときなどに、当初モーター式の
目ざまし時計持って行ったんですねっ。
周波数が六分の一違うからまったく時計の役目果たしませんでした(涙)
これは個人的な問題で些細なことだけど、多くの日本国民に
とって富士川以西と富士川以東では電化製品(モーター製)
など使えないっていう不便もたらしていたんです。

そのことが今回の東北関東大震災で浮き彫りになって
計画停電が富士川を境にしての静岡県二分しての
計画停電となっているのです。
周波数が違うからそのままじゃ60Hzの電気を50Hzの
東京電力には送ること出来ないんですね。
だから俺の住む浜松市は計画停電の対象外なんです。

ただ現在は中部電力と東京電力の系統連携のために、
周波数変換所が3ヶ所あります。
ここを使えば関東から関西方面、
関西方面から関東方面に電気を供給できます。
しかしその容量は100~130万kWが限度って聞いています。
そんな事で今、話題となっている計画停電区域分けで
俺の住む富士川以西の静岡県は対象外となっているんです。
だからまったく関係ないって言っている訳じゃくれぐれもありません。

この大震災を教訓に50Hzの電力会社と60Hzの電力会社の
系統連携のために、周波数変換所をもっと多く設置して
このような大きな災害があった時は、日本全国の電力会社が
お互い協力して電気を供給しあう事が出来たらって
素人の考えではありますがそう感じました。

これは素人の俺の考えで、電気って貯めることは難しい。
また電線通って遠くに送るには相当のロスがあるって
聞いているから、これは実現することが難しいのかな?
とも思ってはいるけどね~

今日のブログタイトル、計画停電の元となる福島第一発電所の
復興を目指して午前中は自衛隊のヘリコプターから、
そして午後からは警察機動隊からの高圧消防車からの
放水作業で被害のあった発電所の、放射能漏れ止めるために
プールに放水されるって事です。
まず放射能を封じ込め、そしていずれはまた原子力発電の機能
取り戻して、東京電力の電力不足解消されること
祈るばかりです。
画像

写真は記事の高圧消防車とは全く関係ありません。
山口県の大昔の消防車です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

sara
2011年03月17日 21:56
関西以西は60Hz、関東は59Hzで関西から電力送るには限度があるって聞いていたけど 静岡県が同じ県内で違うなんて知らなかった! 県内引越しでも電気製品変換しないといけないんだね。 
今更国内統一するのはむつかしいんだろうな。でも周波数変換所を増やせればこんなとき関西からもたくさん送れるのにね!
分かちあいたい! だから買占め、買いだめはしないでおきましょう! 被災地に少しでも多くの物資が運べるよう私たちは買い控えないとね。
まひる
2011年03月18日 15:45
昨日はコメントありがとう!
計画停電は思っていた以上に大変だよ(>_<)
でも真夏じゃなくて良かったとも思うんだ。
日本人は冷房がないと夏を越すのは難しいからね。
鉄ちゃんのところは周波数の境目の県なんだ。
計画停電の予定も同じ市内でも時間が違うから分かりづらいんだ。
周波数が同じだったら計画停電しなくても済んだのかな?
鉄ちゃん
2011年03月18日 17:14
こんにちは saraちゃん。
静岡県の富士川と長野県の境界線の糸魚川が
境で境界線になっていて、電気に関しては
静岡県富士川境に二分されています。

ヨーロッパがAUとまとまった時(まだ最近)
周波数そろえたそうです。
その時は莫大なお金かかっても、これから
ずっと不便抱えて生活するか、思いきって
投資するのか政治家の考え方一つなんだよね。

買占め買いだめしなくても今まで通り普通に
していればいいんです。
テレビの報道に流されちゃう人が多いと
被災地に食料品がガソリンが不足しちゃうんだよね。
鉄ちゃん
2011年03月18日 17:27
こんにちは まひるちゃん。
計画停電はまだ確立できてないから無計画停電で
区域にはいった人は混乱していると思います。

まひるちゃんの言う通り、夏の冷房欲しい時
大混乱や大停電しちゃうって危惧しています。
東京電力の電気作ってる本拠地の福島原子力発電所や
火力発電所が被害にあっているからです。
夏までに発電所復活しなきゃ都会の灼熱地獄が待っています。政府もちゃんと先々の事考えて発電所の対応策考えているはずだけどねっ。

周波数が同じなら、北陸電力から中部電力から電気
周波数変換所通しなしに送ること出来るんですねっ。
そして送った分足りなくなった電気を関西電力と
中国電力から中部電力や北陸電力に流してもらって
苦労国民で分かち合うことができたと思います。、

この記事へのトラックバック