危機管理とは

東北関東大震災で大変な時、個人的ブログで
このような話題取り上げるのは適切ではないと
思うけど、危機管理の難しさって方面でって
事で取りあげた事ご理解された人だけ
みてくださいね。

東北関東大震災で福島原子力発電所の
第一発電所から水素爆発での煙、確認されて
大騒ぎになりました。

この時点で、俺の記憶だと、ロシアのプーチン首相は
関心をもって放射性物質の監視をロシアで測定して
監視していくと発表していました。

この発表を聞いて、俺はロシアの首相だから
日本の災害は対岸の火事って感じでこのような
発表したのかな?って他人事と思って軽々しい言葉を
発するなってちょっと疑問視していました。

それから翌日の第三発電所の水素爆発が発生し
そして今日、第二発電所の爆発、そして第四発電所の
火災と次から次への問題と発展していきました。

その日を追っての、問題で人の健康に関しての
放射性物質の数値の発表が最初の頃は
マイクロシューベルトでしたが、今日はミリシューベルトに
なっていました。
マイクロとミリの単位の違いは、知っているとは思いますが
ここで説明しますが、一㎜の千分の一が一マイクロです。
今日になってこのマイクロからミリに変わった発表に
変わったこと自体、最初とは規模の違う放射性物質を
検知したって事です。
そのことによって、避難範囲の拡大や注意事項まで
テレビで説明するようになってきました。

また東京とか茨木でも放射性物質監視してその数値
発表するようになってきたんだけど、その時間がたつに
従っての上方修正する日本の官房長官の発表や総理大臣の
発表と今思えば最初から、福島原子力発電所の最悪考えられる災害の
備えとして発表したプーチン首相の危機管理と
全然違っていたんだな!って感じました。

お互いそれぞれの立場の違いから、最初の頃は
まったくかけ離れた危機管理の違いなのかな?って
思ったけど、このかけ離れた危機管理の違いには
官房長官や総理大臣の国民に不安を与えてはいけないって
苦渋の思いもあったのかな?って俺は思いました。

危機管理って事から思うと、本当はその問題で一番考えられる
最悪な考えられる事象を想定して危機管理していくのが
本当の危機管理だと思うけど、その最悪を想定して
日本国が対応していたら、大混乱になってしまうっていう
日本の首脳の取った危機管理は日本の国民が混乱してしまうって
事を回避、また日本の国民に不安を与えてしまうことに
対しての苦渋の危機管理になってしまったのかな?って感じました。

人命第一、健康第一から思えば、福島原子力発電所からの
避難が遠ければ遠い方が勿論安全だと思います。
でもそうした事が、現実にあうのか?って思いもあります。
危機管理って難しい問題って感じさせられました

最初にも言ったけど、このブログは危機管理の難しさって
事で俺の個人的に思ったこと言っただけであって
決してロシアの首相や日本の官房長官や総理大臣の
対応での批判ではないってことですのでご了承くださいね。

そしてこの原子力発電所の災害や放射性物質の被害が
これからおさまっていく方向に進んで行って、終結していく
ってこと期待しています。

画像

写真は記事には全く関係ないけど、汚染ってことからの記事から
湧水の水質が綺麗とされる熊本の白川水源です

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

sara
2011年03月17日 09:57
産経新聞より抜粋です。

 政治家のみなさんは 命がけ という言葉が大好きだ。~首相が 全身全霊命がけで取り組むと大見得を切っていた、~原発の現場で東電や協力会社の職員ら事態収拾に当たっている人たち 大量の放射能を浴びる恐怖と戦いながら原子炉を冷やすための注水作業を続けてきた。肉体的にも精神的にも厳しい状況だろう。~安全な場所にいる人間に限って 命がけ といった勇ましい言葉をもてあそぶ。どうか現場の皆さん 何より命を大切にして困難な務めを果たしていただきたい。

 被災地で 被災地以外でもこの震災のために不眠不休で戦っている方たちに感謝です。
鉄ちゃん
2011年03月17日 15:06
首相が全身全霊命がけで取り組むって
言ったよね~。
でも映像みていてわかるけど、実際
命がけで取り組んでいるのは首相では
ないし東電の社長でも無いし原子力
保安院でもないよね~
最前線で働く作業員なんだよね~。

俺がこの記事で書いた危機管理って
タイトルから言うと、1%の危険があるのなら
例え莫大なお金がかかっても、最悪危険が
考えられる住民を避難させるって言うのが
危機管理なのかな?って思うんです。

でも現実はできないよね(涙)
被災者がいっぱいいて避難したりしている
混乱期に1%でも危険の可能性のある
人達を物理的にも金銭的にも避難させること
出来ないんです。
プーチン首相は外国の首相だから対象となる
自国民少ないから、あのような言葉述べられたと
思うけど日本の首相だからこその辛い決断
したって俺は思います。

例えば立場が逆で、ロシアで原子力発電所が
事故起こしたと仮定したら、日本の首相の
立場として最悪考えられる事に対し自国民を
災害現場から遠ざけるってこと思うんじゃ
ないのかな?って思うからね~

お互い同じ首相でも、立場が違えば
決断も変わるっていうことなんですね。

この記事へのトラックバック